« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

初雪

今日は初雪が降りました。

初雪といっても、少しの間「あられ」がパラパラと

舞っている程度でしたが、ようやく本格的な冬の到来のようです。

きものも洋服と同じように、真冬はコートや羽織りが必需品です。

以前は道中着や道行コートが主流でしたが、今はきもの襟のコートや

長羽織をお召しになる方が多いようです。

特に長羽織は防寒だけでなく、オシャレのアイテムとして

流行しています。羽裏も隠れたおしゃれとして斬新な柄を

つけるのも楽しみのひとつです。

博多座なんかに行くと長羽織を素敵に着こなして

おられる方を見かけます。

きもの雑誌でも特集していますので

一度チェックしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

半巾帯

Img_1757

ここ数年、半巾帯が人気です

帯は袋帯、名古屋帯とありますが

ふだんのオシャレには半巾帯が手軽です

変り結びでドレッシーに結べば、パーティーや

お食事会などに気取らず、けっこう華やかになります

写真の半巾帯は博多織のリバーシブルです

違う柄なので一本で2倍楽しめる!

お値段もお手軽ですので、ぜひ一度お試しくださいね!

Img_1483 Img_1477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

大掃除

今日はちょっと早めですが

お店の 大大掃除!

大掃除をしていると

「こんなものがあったんだ!」と驚くことがありませんか?

捨てたらずいぶん物が減るだろうけど

ひょっとしたら使うかも・・・

なんてことで悩んだりしませんか?

でもそういうものは多分使うことないので

捨てたほうがいいと思いますが・・・

皆さん昨日のクリスマスイブはどのように過ごしましたか?

独身のときはイブの過ごし方が人生の中で

もっとも大事なことのひとつでしたが

家庭を持つと、ど~でもよくなります

プレゼントを強要され、懐が寂しくなるばかりでしゅ

Img_1701

昨日は、スポンサーであるおばあちゃんを引き連れて

直方のイオンに行って

娘はパジャマやら靴やら買ってもらい大喜び

やっぱり孫は可愛いようで、財布のひもが

ゆるみっぱなしでしたね

今日はなんだかとりとめのない話ですみません

私の好きな言葉

「無事」

家族、親戚、お客様その他皆様が何事もなく

無事であることが何よりの幸せです

ことしも残りわずかですが、病気や事故などに

気をつけて、良い正月を迎えましょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

前結びデモンストレーション

良いお年を~

なんて言いながら、全然年の瀬の実感がわかない今日この頃

でも元旦はちゃんときものを着て三社参りするばい!

新調した羽織を着て、かっこつけて行くばい

日本人やけね! 

お正月にみんなもっときもの着ようよ!

Img_1730_2 Img_1724_2

年明けの1月 9日(火)・10日(水)の2日間

前結び着付けのデモンストレーションを行います

先生が前結びの結び方を丁寧に実演してくださいます

無料ですのでご希望の方は遠慮なく見学されてください

体験用のお道具はすべて用意していますので

その場で無料体験することもOKです!

いちどお試しあ~れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ノロウィルス

流行ってますね~

ノロウィルス

私の娘2人とも先週感染しました

たぶん予防接種に行った病院で・・・まぁ確かではありませんけど

Img_1593

七ヶ月の下の娘はかなり重症で、毎晩、嘔吐に下痢

嘔吐物を処理していた家内も感染、当然僕も感染

恐ろしや! でもお正月じゃなくて良かった!

だってお正月はおご馳走たべれるんだから、とプラス思考のわたしです

普段手洗い、うがい大嫌いの僕ですが、考えを改めました

皆さんも気をつけてね!

Img_1753

 

店内のコーディネートです

本場塩沢紬のきものに京紅型の染名古屋帯を合わせました

塩沢は紬といってもちりめん生地のやわらかいものですので

お茶席に最適です

北国の雪の上で晒していますので、糸が締まっていて

シャリ感があり、単衣にも向いています

私も父のお下がりで、一枚持っていますが

とても着心地がよく、愛用しています

帯は京都の栗山工房という染屋さんのオリジナルで

沖縄の本紅型を研究された栗山氏が京都の

友禅の技法とミックスさせた京紅型といわれるものです

とってもオシャレなデザインで、塩沢のような無地感の

着物にあわせると、帯が引き立ちます

きものって楽しいですね!

きものを着るのは日本女性の特権です

もっともっと気軽にきものを楽しんでくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

もうすぐお正月

Img_1752 Img_1751   

も~いくつねると~ おしょうがつ~

なんて歌ってる子供も最近は見かけなくなりましたね

僕は今の殺伐とした世の中では、童謡のようなものがとても大切に思えます

当店では、迎春用の小物が所狭しと並べられています

きもの屋ですので、そのへんの雑貨屋さんにおいているものとは違います

フロシキ、和タオル、和手ぬぐい、和柄のハンカチ、迎春飾りなど

日本人がやっぱりホッとするような、あたたかいものです

人気商品ランキング

  一位  一年間の暦入りの干支ハンカチ

  二位  ちりめんフロシキ(お歳暮やお年賀にも定番です)

  三位  和柄のタオル(柄は桜、麻の葉、撫子など多数)

Img_1756

若旦那渾身のウィンドー

 きもの・・・京都小松屋の花菱小紋(グレー)

          無地感覚なのでお茶席、オシャレ着、法事など

          幅広いシーンで着用で着ます

 帯・・・西陣の九寸名古屋帯

          ひょうたんをあしらった茶色地の渋めの帯です

 帯締めは金茶系、バッグはスエード地に名物裂を織り込んだオシャレなものです

 どーです?このコーディネートは?

 ちなみにバッグの横の小物は、由布院のオルゴール館で買った

 草履の形をしたオルゴールです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

お疲れ様でしたね

Img_1749_1

前結び着付教室は、昨日がお稽古納めでした。

一年間皆様お疲れ様でした!

少し早めにお稽古をきりあげて、黒崎井筒屋のオシャレな

喫茶店で茶話会をいたしました。

平均年齢の少々高めのアダルトチームですが、しっかりお稽古した

きもの姿を見られるのが嬉しいのか、笑顔が弾けていました。

お店としても皆さんがきものを着こなされて、楽しそうにされているのは

何よりも嬉しいことです。

そこでいつもの僕の決め言葉

  「老若男女、きもの姿は美しく、素敵で、カッコイイ!」

 面倒くさがらず、年末年始や節目の日、いやいつでもキモノを

 楽しんでください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

男粋会

男粋会 の開催が決まりました!

男粋会といっても、怖い集団でも、怪しい集団でもありません

北九州のキモノ好きのイケメン?が様々な活動をしています

コンセプトは

 「きものを着て、日本の伝統的文化や芸能を体験し、学び、そして遊ぶ」

三年前に発足しこれまでに

  お茶の体験、お茶会への参加、川柳講座

  落語寄席、お花見、書道体験 などをしてきました

   Img_1195_1

Img_0881_1

Img_1209

これまでの活動の一部です

男粋会といっても、老若男女、職業も問わず

楽しく活動し、交流を深めています

会長は黒崎のバー「楔」のマスター滝川氏

事務局を私田中寿典がさせていただいています

興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください

次回開催

  平成19年 1月6日(土)

    16:00 バー「楔」にて書初め会

            講師:寺本小鳳先生

    18:00 新年会(場所は未定)

    会費は 書道500円~1,000円

          新年会は実費です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

きもののお手入れ

Photo 

 きもののお手入れって大変ですよね

 虫干しをせず、箪笥に入れっぱなしにしてカビだらけになったり

    Photo_2      くしゃくしゃにたたんでしまい、皺がとれなくなったり

 でも、きちんと手入れをしておけばきものは何十年も

 着る事ができる素晴らしく経済的な衣服なんです

 写真のブルーの小紋は紅型調の素敵なきものです

 長年着ているうちに、焼けてしまい背縫いのところで

色が褪せてしまっているのが分かると思います

でも京都の染色技術はすごくて、たいていのものは色をかけて

焼け直しをすることが出来ます

洗い張りなど多少の加工代はかかりますが、買うよりはずっと

安くできますし、愛着のあるきものが生まれ変わるのは嬉しいことです

呉服のたなかでは他店でお求めいただいたものでも

ご相談があれば、出来る限りのことをさせていただいています

私はまだまだ分からないこともありますが

女将さんはImg_0788 この道45年の大ベテラン

きもののことなら何でも知っていますし

京都の職人さんも素晴らしい方ばかり

大切なお客様のおきものをいつまでも素敵に着ていただきたいものです

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

前結び着付教室

   Img_1730_1

Img_1725_1

Img_1724_1

当店で行っています 「前結び着付教室」 の模様です。

帯は後ろで結ぶもの!とおもっているアナタ

前で結ぶなんて。。。とおもっているアナタ!

実は当店も長いこと後ろ結びの着付教室をやってきましたが

どうもお客様の集まりが良くないし、せっかく習った方も

「着る機会がないないし、忘れてしまったわ」

「手が悪くなって、後ろで結ぶのが出来なくなった」

「どうしてもお太鼓がきれいにできない」

などなどの理由ですっかりお稽古したことを忘れてしまうし

本来の目的であるキモノを着ることが出来ていないのが

何より悲しかったのでした

しかし、これも何かのご縁でしょうか                   Img_1729

「前結び着付」の先生とお知り合いになり

今年から前結びを開催したところ

どんどん生徒さんが増え、しかも皆さん

わいわい楽しそうにお稽古をしています。                 Img_1728

前結びは、その名のとおり前で結ぶので

お太鼓が自分で確認できて、

きれいに柄が出せるのが特徴です。

そして見えない後ろで結ぶよりも当然 手も楽だし、作業も

しやすいのです。

ちなみに男の角帯は前で結んで後ろに回します。(後ろ結びの方もいらっしゃいますが)

ともあれ、当店は皆さんが気軽に、気楽にきものを楽しんでお召しいただくために

「前結び」をオススメいたします。

お太鼓だけでなく、半巾帯の変り結び(20種類以上!)も教えていますので

よりキモノをカジュアルに、ドレッシーに楽しめます。

無料体験教室 を開催していますので

ぜひ一度見学してみてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

きものdeランチ

   

Img_1736Img_1732Img_1741

Img_1734

今日はお店のお客様とのお遊びの会「四季の会」をいたしました。

八幡西区星が丘の隠れ家的なそば屋さんの

「濱善」さんでお昼の蕎麦会席に舌づつみ・・・

わたしのお気に入りのお店で、蕎麦はもちろんのこと

かき揚げが特に美味しいです。デザートやお抹茶もついて

大満足! あみだくじのゲームで盛り上がったあと

直方の野口ギャラリーをうろちょろ。

見るだけでも楽しい、陶器やガラス細工、和の小物が

所狭しと並んでいます。

Img_1743

Img_1742_1

 今日は雨が降っていましたので

 濡れても良いようにデニムのきものにしました。

 その上から羽織りを着て渋くきめましたよ。

みなさんお洒落な方ばかり。

大島や御召、紬のきものを粋に素敵に着こなされていますね!

楽し~い一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »